ロゴ

税理士の役割とは

税理士は、一般納税者から依頼されて申告書類作成や税金に関する相談を行います。また企業では法人税や所得税・住民税などの処理を行います。さらに納税者への税務調査に際しては、税務調査の立会いを行って税務署の担当官と議論をしたりして納税者を助けます。

税理士と公認会計士の違い

資格の取得方法の違い

税理士になるためには税理士試験に合格し、関連する分野で2年以上の実務経験が必要で、この条件をクリアすれば日本税理士連合会に登録して税理士になれます。一方、公認会計士になるには、公認会計士試験に合格、2年以上の業務補助を行い、一定期間の実務補修を受け、最終的に修了考査にクリアしてから、日本公認会計士協会に登録することで公認会計士になれます。

行う業務内容による違い

税理士の業務は、税務申告を行う税務代理、税務書類の作成提出の代行、税務に関する相談など、企業では代理人として経営者側に寄り添った業務ができます。会計士の業務は監査業務で企業が作成した財務諸表が適正であるか、第三者の立場から評価する仕事になります。

税金に関する相談は税理士に相談!

所得税や法人税、相続税や贈与税などは自主申告・自主納税制度になっているため、納税者自身が計算して税を納めなければなりません。日本の税法と税制は非常に複雑な法律であり、またたびたび法律も改正されるため、一般人がすべて相続税や贈与税に関する手続きを独力で行うのは非常に難しいです。この煩雑な税務処理を手伝うのが税理士の仕事ですから、税金に関する相談は税理士に依頼するのがベストです。東京には有能な弁護士が沢山存在します。インターネットで調べれば、実績や口コミなどをチェックすることができるので、相談に行く前に調べておくと良いでしょう。また無料相談を利用するのもおすすめです。しかし、無料相談は時間が限られていることが多いので、相談内容をメモしていきましょう。

税理士や弁護士に依頼すべきトラブル

スーツの人

相続に関する問題解決

税に関して最も厄介な問題が相続に関するものでしょう。相続するモノがすべて現金であれば比較的簡単ですが、不動産や株式など評価額が簡単に計算や売買ができないものもあり、それに加えて複数の相続人がいる場合は、深刻なトラブルが起こりやすいです。これに対処するには税理士や弁護士の助けが必要になります。

離婚による慰謝料と財産分与

離婚した際に、慰謝料や財産分与として金銭や物などの財産が支払われることが多いでしょう。家庭内暴力や浮気などの原因があった場合、精神的苦痛などを受けた相手方に支払われる慰謝料は損害賠償金となり、これは贈与税ではなく所得税の対象になります。また財産分与の場合、原則として贈与税はかかりませんが、分与された財産が過大である場合は相応の贈与税が掛かります。

サラリーマンの残業代問題

最近問題になっているのがサラリーマンの残業代請求問題です。正当な残業代が支払われない、少ないなどブラック企業問題がたびたび登場しています。個人ではなかなか解決しませんから、弁護士を介して法的に解決するしかないでしょう。成田で弁護士を探す際には、実績や経歴を確認して依頼すべきです。ホームページなどで確認することができます。また、実際に無料相談を利用して、対応の良さを確認する事も可能です。未払い分をきちんと支払いしてもらう為にも有能な弁護士を探しましょう。

税務調査の立ち合いも税理士に依頼!難問題も素敵に対処可能

弁護士

税務調査の立ち合いを税理士に依頼すべき理由

一般納税者は税金の関する法律に詳しくありません。税務調査が行われる際に、税務調査官はその道のプロであり、これに素人が対処するのは難しいです。たとえば、これは必要経費として認められるかどうかなどの細かい点については、税に精通している税理士の助けがあれば議論が行えます。実際、調査官からの質問の上手く返答できないと経費として認めてもらえないことも多くあります。税務調査は疑いの目を向けてきますから、理論武装して対応しなければなりません。また、税務調査は当日の立ち会いだけではなく、追加の資料提出や交渉事などもあります。このような時間的・精神的な負担は相当なものですので、こうした負担を少しでも減らすために税理士に税務調査の立ち会いを依頼すると心強いです。

税金トラブルは大阪の税理士に相談☆

広告募集中