ロゴ
HOME>info>離婚の慰謝料問題の進め方とは?解決へと進めていく道順

離婚の慰謝料問題の進め方とは?解決へと進めていく道順

喧嘩

離婚トラブルで慰謝料を請求する際の流れ

離婚慰謝料は、最初は夫婦で協議を進めます。夫婦相互の話し合いで財産分与と慰謝料の額、およびその支払条件についても決めます。しかし、夫婦協議による慰謝料が決まらなかった場合は、家庭裁判所の調停に委ねます。家庭裁判所の調停委員が調整を行いますが、強制力がありませんから、合意が成立するか否かは夫婦の判断次第ですが、多くの場合は調停の段階で解決するケースが多いです。
しかし、調停でも問題解決しない場合は、最終的に離婚裁判により離婚請求することになります。裁判では法律に詳しい弁護士を立てますので、財産分与や慰謝料などの金額と裁判費用を比較検討して、裁判を起こすかどうかを決定します。配偶者への慰謝料請求以外にも配偶者の不貞に関与した第三者に対しても慰謝料請求の裁判を起こすことが可能です。相手方も弁護士を立てて争うことになりますから、最終的には裁判の結果次第で慰謝料の請求額が決まります。

優良な弁護士の特徴

男女

取り扱い経験が豊富である

離婚などの交渉解決の経験が豊富な弁護士は、話し合いや解決方法、裁判訴訟などを有利に運んでくれます。依頼人の時間的精神的苦労を軽減してくれますから、弁護士選びがトラブル解決の最初の一歩と考えて良いでしょう。

離婚交渉が上手な弁護士

離婚裁判では、明確な証拠と論拠を挙げる弁護士に軍配が上がりやすいものです。裁判でも法律に沿って論理明確な議論を行えば、裁判を有利に奨めます。裁判などでの実績を重視しましょう。行儀離婚でも弁護士同席だと無用のトラブルが避けられます。

話しやすく聞き上手な弁護士

有能な弁護士は依頼者の話を親身に聞いてくれて、色々な問題点を上手に聞き出しますから、依頼者に有利な交渉や弁論を行ってくれます。あまり良くない弁護士は依頼人の話をあまり聞かず、自分の判断だけで事を進めますから、トラブルのもとになりやすいです。

広告募集中